新しい投資法|海外不動産でガッツリ稼ごう

  1. ホーム
  2. 損益通算の活用

損益通算の活用

マンション

一部屋の経営でも可能

ワンルームマンション投資として区分マンションを利用する方法も広く活用されるようになりました。大きなワンルームマンションを分割して個人に購入してもらうという仕組みで成り立っている区分マンションは、個人から見ると少ない出費でマンション投資を始められるメリットがあります。これを節税のために利用することも可能ですが、物件の種類は限られてしまうので注意しましょう。区分マンションによるワンルームマンション投資で所得税の節税を行うのは意外に難しいのです。基本的にはサブリースによって経営することになるからであり、収入額こそ少ないとはいえ着実に現金収入を得られるでしょう。購入の際に使用したローンの利子や経営のために必要になった経費を計上して所得から引くことができますが、サブリースをしているとあまり経費がかからないためなかなか所得税の節税に利用するのが難しいのです。しかし、古い区分マンションを手に入れることができればワンルームマンション投資で節税することができます。耐用年数が過ぎているマンションであれば減価償却費について最短で四年間で償却することができるからであり、その額は家賃収入を大幅に越えるものになるでしょう。これをうまく活用すれば所得税の節税が可能になります。短期間しか節税効果は得られませんが、減価償却が終わったら売却してしまって次のワンルームマンション投資を始めるということを繰り返すと何年も節税ができるでしょう。